TOP お話会 吟遊
プロフィール
問 い合わせ


 
 p  
 Fairy Doctor  高畑吉男
   
Storyteller of Ireland 正式会員
  Lover of Queen Mab/Baron of Iris

 

経歴
Fairly doctorとして、またアイルランドを中心とした妖 精譚の語り部として精力的に活動中。
2010年、アイルランドに妖精学の為に留学。
スライゴ、ゴールウェイ、北アイルランドなど、アイルランド神話の舞台を歴訪。
ユニバーシティ・カレッジ・ダブリンにて民俗学をPeter Mcguire氏に師事。
その後も、アイルランドと日本を行き来する。
2012年、Storytellers of Ireland(アイルランドのストーリーテラー協会)に正式登録される。
2014年より毎夏、ゴールウェイ大学にてアイルランド語を勉強、またアイルランド語の詩歌にも着手。

2017年よりアイルランド語の入門講座を開講。

語り

それは民間芸術。舞台とも朗読とも違うものです。特別な演出もなく、ただ語り手の声、表情、仕草だけで語ります。言 うまでもなく、語りに形はありません。語り手が「おしまい」と言えば、その場で虚空 に消えてしまいます。けれど、聞 く人の心の深いところで残響し、時に癒し、時に励まし、気持ちの柔らかいところに潤いを与えてくれます。きっとそう いう部分に、妖精は訪れるのだろう、と思っています。
堅苦しいことはありません。妖精が出てくる落語、そう思って耳を傾けてみてください。もしかすると彼らの姿が垣間見 られるかもしれません。


レパートリー
妖精たちと農夫、狩人と女神などの、あちらの世界とこちらの世界との交流を感じさせる妖精のお話がメイン。
知恵比べなど、クスっと笑えるものから、少し怖いお話まで。親しみやすく、そこに妖精がいるかのような語り口が特 徴。中でも小人と人魚のお話が好評です。

場所
関東周辺のカフェ、ライブハウス、サロンなどを中心に、昔の語り部のように、語り手と観客の近い舞台がモットー。
2012年から福島、岐阜、大阪などの地方にも進出。また生涯学習の一環として大学などでも語る。
声がかかれば予定の許す限り旅に出ます。

エンブレムの意味
良き隣人たちの王さまの冠です。
三重螺旋は太古の魔力の印。そして囲うのは月下香と杜若。
サンザシ     
アイルランドでは紳士方(妖精たち)の樹木とされ忌避され、時に願掛けの木とされる。
杜若            在原業平を象徴し、その花色は高貴とされる。花言葉は「幸せは必ず来る」そして「贈り物」。


Since 2007 Yoshio Takahata